News

電通、M-Forceと業務提携

- 「9segs」×「People Driven Marketing」により、顧客起点の データドリブンマーケティングサービスを分析からアクティベーションまでワンストップで提供

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、企業側でも消費者側でも急速に進行しているデジタルシフトに対応した顧客起点の統合型マーケティングサービスを提供するため、9segs®を活用し顧客戦略を導き「経営とマーケティング」を繋いだ本質的なマーケティング活動・組織への変革を支援するM-Force株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長 祐、以下「M-Force」)と業務提携契約を締結しました。両社のナレッジ・人材・データを掛け合わせ、マーケティング施策を俯瞰した統合戦略を構築し、顧客の変化にきめ細かく対応する顧客起点データドリブン・マーケティングを提供してまいります。

 昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中で、顧客の意思決定は時間や場所の制約から解放され、企業側から捉えることがますます難しくなってきています。獲得すべき顧客インサイトを見いだし、その行動と意識を変化させる要因を明確にし、顧客起点の戦略を立てることが重要です。そのうえで、顧客にとって価値があるブランドへと進化させる指針が、今最も求められるマーケティング課題といえます。

 M-Forceが展開する9segs®は、対象ブランドおよび競合ブランドに関する顧客の行動と意識を基に顧客全体を9つの主要なセグメントに分類し、マーケティング効果を最大化する顧客戦略を導き出すM-Force独自のフレームワークです。これを電通の人基点のデュアルファネルソリューション※1「People Driven Marketing®」にインストールし、運用チームにも浸透させることで、顧客構造の理解にさらなる解像度を与え、狙うべき顧客インサイトの特定を可能にします。また、People Driven DMP®※2データを使いながら、9segs®フレームワークによる顧客戦略を導出し、それにより、顧客戦略から導き出した確度の高いマーケティング施策を具現化することができます。まさに、0次分析~戦略立案~コンセプト検証~クリエーティブ開発~メディアプランニング~アクティベーションまでをワンストップで提供します。

9segs®フレームワークで、顧客構造の理解にさらなる解像度を与え、顧客戦略を立案。

「People Driven Marketing®」のデュアルファネルの全ての段階に9segs®を適用し、さらなる解像度で顧客の動きを反映した施策をワンストップで行う。

※1 デュアルファネル®ソリューション
企業が抱える「新規顧客の獲得」「既存顧客の育成」という2つの課題への対応を一本化し、連携してマーケティングROIの向上を実現する電通独自のソリューション。

※2 People Driven DMP®
PCやスマートフォン由来のオーディエンスデータと、テレビの視聴ログデータ(STADIA)、WEB広告接触データ、OOH広告接触データ、ラジオ聴取ログ、パネルデータ、購買データ、位置情報データ等を人(People)基点で活用することができる、People Driven Marketing®のデータ基盤です。さらなる強化のために、People Drivenパートナーシッププログラムを通じ、「メディア/コンテンツ」「デジタルプラットフォーム」「EC・購買」「パネル/メジャメント」「位置情報」などの各種パートナーと、データやテクノロジーの連携によるビジネス・アライアンスを推進しています。なお、People Driven DMP®では、個人情報保護に関する法律が定める個人情報は扱っておりません。

ご質問・ご相談はこちらから

お問い合わせ